サイト売買におけるサイト評価、代理交渉について

flowRoot4138-6

WEBサイトの売買において、売り手と買い手が直接やりとりを行う形での案件が増えております。

そこで懸念されるのが、売り手市場になってしまっていることで、売り手による一方的な情報によって買い手が騙されてしまうケースが急増しています。

実際に譲渡後に蓋をあけてみれば、予想していた売上と全く違う結果になってしまい、失敗してしまったという方も多いのではないでしょうか。

大手のサイトM&A仲介事業者の仲介人に間に入ってもらえれば、ある程度中立的な情報を提供してもらえるので、安心して取引ができます。

しかしながら、売り手の立場で考えると、仲介人を立てると売り手、買い手ともにそれなりの手数料がかかってしまうため、手取り額が大幅に減ってしまうことと、WEBマーケティングのプロに査定されるよりも、素人を相手にしたほうが、高額で売りやすいわけです。

さらに仲介人をつけて取引するかどうかは売り手側が決めることができるということです。

当社では、直接交渉が必要な案件に対して、サイトM&A協会認定アドバイザーが買い手様の代理で交渉を行います。

それによって、情報の信憑性、今後の成長性、価格の妥当性など適切なマーケティングに基づいた交渉が可能となります。
代理人報酬は基本料金10万円+売買価格の10%(最低報酬額30万円)となっております。
サイト購入を検討されてらっしゃる方は、ぜひお問い合わせ下さい。

otoi_blue_2