サイト売買(M&A)・仲介・SEO対策・サイト運営・WEBコンサルティングなどを中心に、最先端のWEBマーケティングを日々研究しています。
インターコネクト株式会社
089-905-6611
10:00~18:00(月〜金)

【サイト売買】サイト分析、デューデリジェンス、解析、鑑定、査定サービス

当社では、WEBサイト買収時における、サイトの分析、DD(デューデリジェンス)のサポートも行っております。

 

 

こんな方におすすめ
  • WEBビジネスの知識はないが、WEBサイトを買収してみたい。
  • 自分なりのサイト分析はしたが、第3者の意見も聞いてみたい。
  • 売主に何を質問したらいいか分からない。
  • 売主のウソを見抜きたい。
  • サイトが適正価格なのか知りたい。
  • 価格交渉のやり方を教えてほしい。
  • 自分の代わりに交渉してほしい。
  • 高額案件を買収するので、専門家の意見も聞きたい。
  • 資料の見方が分からない。

 

 

 

WEBサイトのDD(デューデリジェンス)ってなに?

 

これからWEBサイトを購入してみようかな?

 

と思っている皆さん、WEBサイトを購入する時には、まず売主よりPLと呼ばれる資料をもらいます。

 

これは決算書で言うところの損益計算書と呼ばれるもので、そのサイトの過去1年間の売上から仕入れ、広告費、サーバー代などの引いた利益を確認できる資料です。

 

経営者の方でしたら決算書などを見慣れているのでイメージしやすいと思うのですが、WEBサイトの損益計算書は正直言って当てになりません

当てにならないというと語弊があるのですが、簡単に言うと、今後も同じ水準で利益が出るとは限らないということです。

 

一般的にデューデリジェンスという言葉は、企業のM&Aでよく使われる言葉で、企業価値を策定するために、税理士や公認会計士がその会社の決算書や登記簿、資産、負債の実態を調査することをいいます。

しかし、Webサイトの資産価値の決定は、サイト自体の価値が常に変化するため非常に難しいといわれており、決算書や直近の売上データだけでは査定することができません。

 

WEBサイトのアクセス数や、売上というのは検索エンジンと密接な関係があり、googleの検索エンジンがアップデートされると大幅に検索順位が変動します。

そうなると売上が急激に下がったり、逆に上がったりすることがあるのです。

WEBサイトを買収する際には、この損益計算書に載っている数字だけでは測れないリスクを炙りだす必要があるのです。

サイト売買に投資されるのであれば、WEBマーケティングの専門家やSEOの専門家に調査を依頼することをおすすめしています。

 

 

 

保有サイトの査定にもご利用いただけます。

 

購入検討時だけでなく、現在保有サイトを売却したい場合の査定や高値で売却するためのアドバイスも行っております。

 

利用料金と利用までの流れ

 

<主なアドバイス情報例)

  • PL資料の妥当性(取得済みの場合)
  • 流入経路(キーワード)のリスク
  • マネタイズ部分のリスク
  • 投資対象としてのメリット、デメリット等
  • 価格が妥当か
  • さらに成長させるためのアイデア
  • 売主プロファイリング(可能な限り)

可能な限りリサーチさせていただきます。

 

<利用料金>

案件金額 調査料金(税別) 概要
~100万円 2万円 URLと概略から簡易調査
~500万円 5万円 URLと概略、PLから簡易調査
~1000万円 10万円 URLと概略、PLから簡易調査
~1億円 50万円 専門的な調査、交渉サポート
1億円~ 応相談 専門的な調査、交渉サポート

 

 

お申し込みの流れは以下となっております。

 

1.お問い合わせフォームより、サイト評価サポートのお申込みをお願い致します。

2.当社より、請求メールを送付(お支払方法は、銀行振込、クレジットカード)

3.お客様より、お支払い手続き

4.入金確認後、当社にて調査開始、レポート提出