急に電源が落ちたらまず「◯◯+◯◯を押す」!iPhone故障時の応急処置3STEP

いつも通りに使用していても、繊細なため不具合が起きやすいスマートフォンは、外出先などで故障してしまってはすぐに対処方法をGoogleで検索できませんよね。もしもの時のために覚えておきたい、電源が急に落ちてしまったときの対処法をご紹介します。

いつも通りに使用していたはずなのに、急に電源が落ちてしまった…なんて経験をしたことのあるスマホユーザーは多いのでは。愛用のスマートフォンがおかしくなった時は、むやみやたらに方法を試す前に、正しい対処方法を学びましょう。

スマホの電源が落ちてしまう原因は2パターン

一時的な不具合
この場合は、再起動すればすぐ元どおりになることが多いです。しかし、原因を特定することは難しく、バグであるのかどこか壊れかけているのかは、はっきりわかりません。

バッテリーの劣化
バッテリーが劣化により、電源が落ちやすくなってしまう現象です。

iphoneを20分以上充電しても電源が入らない場合には、修理を手配する手続きを取ります。

出典 http://xn--iphone-143e1l818v0p4b.net

電源が入らなくなった時の3STEP

iPhoneの充電が残っていれば試せる、電源が入らなくなった時の復帰方法をご紹介します。

1. 基本は再起動、ダメならリセット
電源(スリープ)ボタン長押し = 再起動
ホームボタン長押し + 電源ボタン 長押し = リセット

再起動でほとんどの場合電源が入りなおします。

不具合が起きた時は、再起動 → リセットの順に試しましょう!
無意味はリセットは故障に繋がる原因になるかもしれません。

出典 http://sbapp.net

2. PCと接続
再起動もできない場合はアダプタを使ってPCと接続し、iPhoneが認識されるか確認します。すぐに認識されなくても、接続したまま10分以上充電を試しましょう。

バッテリーが放電仕切ってしまって電源が入らない事もあるようです。その場合は10分程充電すると治るようです。

出典 http://memocarilog.info

3. 奥の手”DFUモード”で初期化
どうしても電源が入らない、落ちることが繰り返される場合に試したいのが、DFUモードです。初期化してしまうので、日頃からバックアップを取っていることが大事になってきます。

1. USBケーブルでMacと接続し、 iTunesを起動。
2. ホームボタンとスリープボタンを同時に10秒間長押しする。
3. 画面が消えたらスリープボタンから手を離し、ホームボタンだけ押し続ける。

液体侵入インジケータが反応しているか、または腐食の痕跡がないかどうかを確認します。

出典 http://xn--iphone-143e1l818v0p4b.net

知っておくと便利!急にこんなマークが出た時の対処法

出典: iPhone

このようなiTunesのアイコンとアダプタが表示される画面は、リカバリーモードと呼ばれています。iOSのバージョンアップする際や、普段通りの使用中にいきなりなることも。

iPhoneがiOSの欠損等の異常を認識すれば、自動的にリカバリーモードに移行します。

出典 http://www.wondershare.jp

参ったなぁ

iphoneの電源つかない 急に電源が落ちた!iPhone故障時の応急処置3STEP